ブログ
  • TOP
  • ブログ
  • ヒートショックに気を付けましょう

ヒートショックに気を付けましょう

ヒートショックという言葉を聞いたことがありますか?

 

ヒートショックとは、

 

「気温の変化による血圧の急激な乱高下に伴って、心疾患や脳疾患を引き起こす現象」のことをいいます。

 

①暖かいリビングから寒い脱衣所へ移動すると血圧が上昇します。
②脱衣後、寒い浴室へ移動すると血圧がさらに上昇します。
③暖かい湯船に入ると冷えた身体が温まり血圧が大きく下降します。

 

これらの条件が重なるとヒートショックを引き起こす可能性があります。

 

11月~2月頃にヒートショックが好発するといわれています。

高齢者、生活習慣病、肥満の方は特に注意が必要です。

 

また、東京都健康長寿医療センター研究所によると、

2011 年の1年間で約 17,000 人が、いわゆる「ヒートショック」に関連して急死したと推計され、

このうち約 14,000 人が高齢者と考えられるとされています。

 

ヒートショックを予防するには、
・脱衣所と浴室を温める
・お湯の温度は40℃に設定する
・最初にかけ湯やシャワーで手足を温める
・湯船からゆっくり出る
・飲酒後は入浴しない
といった心がけが必要です。

 

今季は暖冬になると言われていますが、昼夜の寒暖差が大きい日もあるので注意しましょう!

#豊島区 #巣鴨 #整形外科 #巣鴨整形外科リハビリテーションクリニック #リハビリ #外来リハビリ #理学療法士 #PT #四十肩 #五十肩 #腰痛 #ストレートネック #膝痛 #巣鴨地蔵通り商店街

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ