ブログ

五十肩って結局なに?

皆さんこんにちは。豊島区巣鴨にございます整形外科、巣鴨整形外科リハビリテーションクリニックです。

本日は五十肩って結局なにかについて説明していきたいと思います。

五十肩とはよく50歳頃に肩が動かしにくくなる、動かした際に痛みが生じるなどの症状が出ることを言います。

しかし五十肩という病名は厳密には存在しません!いわゆる俗称として五十肩と使われており、病院では肩関節周囲炎と診断されます。

肩関節周囲炎(五十肩)は文字通り、肩関節周囲の炎症です。具体的な原因は、肩関節周囲にある腱板や上腕二頭筋などの筋肉の炎症や、関節包という肩関節を包む膜に炎症が生じるなど様々となっています。そのためこのようなざっくりとした病名が使われています。

なぜこのような部位に炎症が起きるのかは、人それぞれで複雑な要因があるため一概にこれが原因とは言い切れません。そのため原因は明らかになっていないとされています。

40~50代に生じやすい原因は加齢が関わっていると言われていますが、先にも述べたように原因は様々なため明確な原因はありません。そのため、30歳でも70~80歳でも同様な症状が出現することがあります。

 

これは五十肩だからほっといても治ると思っている方も多くいらっしゃいます。

確かに先ほど述べたように五十肩は炎症による影響が大きいため、安静にしていれば良くなることも多々あります。

しかし、五十肩と思いきや筋肉の断裂や別の病気だったという可能性もあります。また、安静にして動かさないようにしていたら痛みが取れても手が上まで挙がらないなどの症状も多くみられます。

「五十肩だからそのうち治る」と思うより、痛みは我慢せず一度病院で診察をしてもらうことをオススメします!

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ